動画制作会社に依頼する際の費用を教えます

動画制作は素人でも道具を揃えれば出来る時代といわれますが、素人とプロの違いは一目瞭然です。もちろん素人の面白さ、素人っぽさという演出もありますが、企画、素材、撮影、演出、編集の全ての下地が違います。このように技術も素材も資産として持っている動画制作会社に制作を依頼した場合、どの程度の金額がかかるのかといえば、まず種類によって様々です。イベントやセミナー用のショートムービーのようなものであれば、5万円から70万円といわれ、テレビCM制作には50万円から300万円と言われています。この場合タレントさんへ支払う費用が入っていないことが多いです。そしてこの費用の開きの内容はカメラや音響設備を現場にどれだけ持っていくのかという点や、シナリオに関しても制作を依頼している点、そしてスタジオ使用料などもあります。また編集機器にも、当然差がありますので、会社や企画によって費用の幅が出てくるのです。

動画制作会社のホームページを見てみよう

動画制作にはテレビCMや、セミナー用のものだけでなく、さまざまなものがあります。店舗内のディスプレイに映されるアニメーション動画、企業PRのみで使われる内々で見る物、Webのみで流す映像と画面の数だけ、動画は存在します。内々のみで見る企業PRの映像に数百万円の高額な金額を使う必要もないと、判断される会社は多いです。広告費は削減しすぎても良くないですが、見栄ばかり張ってもそこまでの効果は期待できないものです。しかし具体的にどのような映像が良いのかという加減は難しいですが、そんな時は動画制作会社が動画制作会社の為に作ったPR画像やサンプル画像を見る事で参考にすることができます。特にWebサイトから動画にアクセスできる会社もありますし、ホームページのセンスも参考になります。時代によってセンスも技術も違います。時代に合ったものであるホームページを作っているかという点も会社を選ぶ基準のひとつです。

動画制作会社を利用する意義と企画立案の意義

製作費を抑えたい場合、企画や素材を作って持っていくという方法もあります。もちろんプロがプロの技術と機材を使って作るものには適わないとは思いますが、例えば結婚式のプロモーション動画を作りたい時に、披露宴や二次会で流すものであれば、写真や原稿などは持っていき編集だけをお願いすることもできますし、素材はむしろ、そちらの方が味も出ます。カメラの性能が上がっている昨今ですが、スマートフォンで動画を撮るためには技術や知識が必要です。また良い機材を使っても、やはり技術や知識がなければ良い映像は撮れませんので、プロの力が必要になってきます。だからこそ動画制作会社があります。素材をこちらで用意できる企画であれば、製作費も抑えられますが、そうでない場合、素材の撮影もお願いすることになります。企画の段階で何をどの程度作りたいのかを考えておくことこそ費用削減の一歩です。