動画制作会社を選ぶ際に注意すべきことを教えます

動画制作会社が作る動画にはいくつもの種類があります。たとえば、人物モデルを使った合成動画、3DCG、アニメーションなどです。それぞれ得意な会社を選ぶことができます。動画を流す手段も考えなければいけません。動画配信サービスやSNSなどインターネット上のコンテンツを対象にした動画広告やTVCM、社内や学内の教育用動画など動画を使う場面は多岐に渡るためです。動画制作会社が依頼により忠実に作れるかどうかは、依頼の時点でどこまで正確に目的を把握しているかにかかっています。広告や動画を見せたい対象や、対象にどのようなイメージを見せたいかなど動画制作を依頼する前段階で決めておくべきことは実はたくさんあります。動画制作会社を選ぶために決めるべきことや、目的を決めた後に実際選択するには何を見るべきなのか、ポイントを整理し、より合理的な選択を目指すようにしましょう。

動画制作の目的を決める、5W1H

動画制作会社を決める前に、目的が必要です。必要なクオリティは、目的によって左右されます。たとえば、作った動画を誰に、どのような手段で見せたいのかをはっきりさせます。動画の主役になる人物や商品は何か、どのようなイメージの動画にするかなども動画制作に必要な要素です。また、できれば予算となる相場も調べておくようにします。細かい企画や台本など演出手段や方法は、動画制作会社が用意する場合もあれば、自分で考えなければならない場合があります。自分で用意するかどうかは、予算や動画制作会社の選び方次第です。できるだけ安いことが条件の場合は動画制作会社の選び方だけでなく、自分たちで行なう作業量の増加にも直結していくことになります。そのため、経費削減やスキルアップ目的などではこうした選択肢もあるということが言えます。

動画制作会社はクオリティと人で選ぼう

クオリティと誰が作るかで選ぶことが大切です。動画制作会社に求められる要素には費用や制作範囲、修正対応と素材の4つが挙げられます。選ぶべきかどうか判断する材料は、この4つの要素のクオリティです。動画制作会社を費用だけ見て依頼するのは早計で、予算は最終的な判断基準だと言えます。制作範囲とは、動画制作会社が担当する作業の範囲です。動画制作会社の中には、台本や企画書の作成といった演出のための業務が含まれていないことがあります。作業量を減らしたいのであれば、こうした会社は選択肢に入りません。修正対応では、修正回数の上限や追加費用がかかるかどうかを見ておきます。素材を見るときは、モデルや背景など撮影対象の準備は必要かどうかがポイントです。また、会社を選ぶ際サンプルを作った製作者が指名できる方が信頼できます。なぜなら、指定できない場合にサンプルの製作者と実際の製作者が異なるというリスクがあるためです。